きれいな唇をキープするには?

スキンケアはしっかりしていても、つい見落としがちになるのが唇。
寒くなるとガサガサしてきて、皮がむけたりしませんか?

私も経験がありますが、放置すると割れて血が出たりしますよね。
実は唇ってデリケートな部分なんですよ。

意外な盲点になりやすい唇のケアについてお伝えしますね。

 

唇をボロボロに荒さないコツは?

もともと唇はトラブルが起きやすい部分。
皮脂を分泌しない部分なので、ダメージを受けやすいんです。

 

 口紅やグロスはしっかり落とす

クレンジングでメイクはしっかり落とすけど、リップメイクはおろそかになりがち。
洗顔の前にしっかり落としましょう。

 

 唇を舐めない

乾燥してガサガサしてくると、つい舐めたくなりますが、
唾液では潤わず、かえって乾燥が進んでしまいます。

 

 歯磨きの後は唇も洗う

服に歯磨き粉が付くと、なかなか落ちないですよね?
あれは歯磨き粉に含まれる研磨剤が、繊維の奥に入り込んでしまうため。

唇のシワにも入り込んでしまうので、放置すると乾燥の原因になります。
歯磨き後は唇もしっかり洗いましょう。

 

 スパイシーなものや酸っぱいものを食べたらしっかり拭き取る

香辛料などは唇に刺激を与え、乾燥の原因になります。
また、レモンなどのすっぱいものも同様に刺激を与えてしまうので、
食後はしっかり拭き取りましょう。

 

 UVカットのリップクリームを使う

実は唇も紫外線のダメージを受けやすいところ。
荒らさないためにも、UVカットのリップの使用がおすすめです。

 

LINEで送る
Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*